太郎坊日記

tarobow.exblog.jp
淡海のナマズのひとりごと。。。
by tarobowgoo
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
  Top
ルアーとフライのちがい
2011年 04月 11日 |
 昨日

 琵琶湖へ釣りに行ってきました。

 湖東の流入河川河口で1時間

 内湖で1時間

 さっぱり無反応です。(汗)

 流入河川では、コアユが接岸してないかなぁと思ってたんですが、まだの模様。

 午前6時ころ、ブユ(通称 琵琶湖虫)の乱舞があったんですが、それに反応する魚もなし。。

 水の中に手をつっこむと「冷たい」と感じるくらいまだ冷たい。。。

 
 内湖に移動して、

 日当たりのすごく良いシャローで、この時期特有の小魚釣りの方々が入らないところでやってみました。

 そんなシャローですから、水鳥が休憩しているわけで、、

 到着したとたんに水面は大騒ぎ。。。

 1時間

 キャストして

 無反応。。。



 午後からは、稲の苗つくりの作業手伝いがあるので、8時に撤収でした。。



 釣れない話はこれくらいにして。。。

 一人反省会をしていて考えていたことを忘れないようにココに書いときます。

 ルアー(ワームも)とフライのおおきな違いってなんやろう。

 一番おおきな違いは、当たり前なんですが、その素材の硬さ。

 ルアーは、波や流れの強弱に関わらず、頭の向きこそ変わっても、その硬さゆえフォルムがかわらない。

 ぼくのつくるフライは繊維の集合体なんで、後ろからくる波やら、横から斜めからくる流れで、つどフォルムが変わっちゃってる。

 琵琶湖や港湾なんかで、フライをやるぶんには、フライのフォルムがおおきく変わるなんてことは、ババ荒れでもないかぎりない気

 がいたします。

 でもサーフでやってたり、ピンポイントでダバダバ流れているとこにフライを通してるときは、水中に入る前と入った後で、ぜんぜん

 違う物体になってる可能性大やなと思うわけです。

 昨日の午前中、フォームミノーを投げ倒していて、そう思いました。

 このフォームミノー、たまたまフライロッドでしか投げられない軽さだからフライになってるけどもや

 完全にコンセプトは、ルアーやなと。

 使っているフライがルアーちっくだなんて無粋なことは言う気はなくて

 どういうフライが、波間に投じても、ごっついカレントの中に投じても

 魚から見たフォルムを変えずに、ひっぱってこれるのか。

 この観点から、つくるフライを考えていかんと

 サーフでの結果がいつまでたっても伸びないなぁと

 思った次第です。
[PR]
by tarobowgoo | 2011-04-11 10:07 | 楽しい釣り |