太郎坊日記

tarobow.exblog.jp
淡海のナマズのひとりごと。。。
by tarobowgoo
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
  Top
カテゴリ:狩猟のこと( 3 )
|
|
2008年 10月 17日 |
妻の実家で、農作物にイノシシ被害がでてきていることを以前書きました。

その後の話を聞くと、わなを仕掛けたそうです。

そのわながコレ↓

b0142354_12372718.jpg


支線農道のすぐそばにおいてあります。

おりの中に入れてあるエサは、カボチャです。

しかし、これだけ人が通るところに平然と仕掛けてあると、人の臭いで入ってくれない気がいたします。

山の中の獣道に仕掛けられないもんなんですかね。
[PR]
2008年 10月 02日 |

わたくしの会社は、建設コンサルタントという業種で、

技術者の8割が自然環境調査を生業とし、

残りの2割が土木屋という状態であります。

今日の昼、そんな自然環境部と言う部署(調査をする部署)から惨劇が

はじまりました。。。

なんと、現場調査に使う熊よけスプレーを何本か誤噴射してしまったんです。

自然環境部は2Fにあります。

それが、総務・経理・営業のある6Fまでスプレーが

充満しました。

それはもう、地獄です。

のどは痛く、目から涙がでるしまつ。。

総務部からの連絡で、「体調が悪い人は早急に屋外へでてください」と。。。

しかし、わたくしの居るのは4F。。外に出ようにも、一番濃度の濃い2Fを通過せねばなりません。

熊の気持ちが若干わかったきがいたしました。。。



が、冷静に考えてみれば、熊よけスプレーなんてホンマに効き目があるのでしょうか?

だって、スプレーなんて噴射範囲はしれたるものやし。。

そんなに熊と接近していたら、もう残っているのは、「襲われる」て言葉のみじゃ。。。

しかも、こんな痛いスプレーを中途半端に噴射したら、熊が逆上するんちゃうやろか。。。
[PR]
2008年 06月 26日 |
b0142354_12481826.jpg

上の画像、鳥獣保護区等位置図というそうです。

太郎坊のあたりは、建部以外まっしろなので、基本的には猟をしてよいということのようです。

わたしは、まえまえから銃猟をやってみたいと思っておりますが、なかなか勇気がでません。

いま住んでいるアパートで銃を保管していて、盗まれちゃって犯罪に利用されたらどうしよう。。

とか、自分が誤射をしてしまったらどうしよう。。なんて、銃をもってもいないのに、心配ばかりが先行してしまいます。

ま、こんなに心配性なひとは、まず、銃をもつなんてことはないんでしょうな。


私は、いまから5年前に滋賀をはなれて関東にやってきました。

今の仕事も、前の仕事も会社こそ違えど、道路屋なのには変わりません。

ただ、前の会社では、農業土木なる分野の仕事もしておりました。

農業土木ってなんぞや?ていうのは長くなるので割愛して、この分野では、「おお!人助けになってる!!」という仕事がございました。

それが、獣害防止電気柵の設計です。この柵、さわるとけっこうビリビリします。(触ったんかい!)

小さなお子さんですと、心臓マヒを起こすこともあるそうです。

これをイノシシやシカの被害にあっている田んぼや畑、場合によっちゃ集落をぐるっと囲う設計をしておりました。

現場も農家のかたと一緒にまわって、実際に獣と遭遇したりして(サルが一番怖かった。。)、設置する位置を決めたので、なんだか「役にたった!」て気持ちが強かったですね。


なんで、急にこんな話をエントリーしたかというとですね。

もう、時期はすぎちゃいましたが、妻の実家から、美味しい「たけのこ」をいただくことがあったんです。

でも、近年は、イノシシに食われてしまって、人様の分(すなわち、わたくしの分)がとれないそうです。

果物、野菜に加えて、春のたのしみ「たけのこ」も競合してしまってるのを思い出して書いております。

なんとかして、来年の春こそは、イノシシに勝たねば。。(注:けっして、サボット弾でイノシシ撃とうとおもてません。[笑])
[PR]