太郎坊日記

tarobow.exblog.jp
淡海のナマズのひとりごと。。。
by tarobowgoo
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
  Top
カテゴリ:TAMAken的闘病日記( 6 )
|
|
2008年 11月 20日 |
さて、昨日は認知行動療法の2回目でした。

人の心の変化は、

状況

認知(自動思考)→→→気分(感情)
↓              ↓
↓              ↓
身体反応→→→→→→行動


こんなんになっているそうです。

今朝、わたくしにあった出来事でしめすとこうなります。

状況
朝、横断歩道で立ち止まっていると、ふとっちょな会社員のオッサンがドンッとぶつかってきた。
謝りもせず、信号無視をして歩道を渡っていった。

認知
・ぶつかってきて謝りもしないてどういうことやねん。
・薄汚いオッサンにぶつかられてショック。
・急いでるんかもしらんけどもやな。なんか忘れてるやろ。

気分
・ムカッ、イライラ

身体反応
・ドキドキ

行動
・手のひらがグーになる。
・そのオッサンを追っかけようとする。


で、「気分」と「身体反応」は、意識して変えられるものじゃないけども、「認知」と「行動」は変えられるんだそうです。

自分側の「認知」と「行動」が変われば、場合によっては、「状況」も変わることがあるそうです。

たいがい「うつ」の人は、この「認知」がかなり偏っていて、ネガティブだそうです。

で、「気分」はゆっくり消えてなくなるけども、「認知」は、一瞬ででてきて、一瞬で消えてしまうものだそうです。

だから、「うつ病」はやっかいなんだそうな。

治すのには訓練が大事そうですね。。。

b0142354_1204663.jpg


で、認知行動療法を終わったあとは、↑の光トポグラフィーというのをやりました。

看護士さんに、装着した自分の姿を撮影させて!と懇願しましたが、あっさり「駄目」といわれてしまいました。
[PR]
2008年 11月 13日 |
きのうは、会社を休んで、認知行動療法を受けてきました。

朝9時に病院に入って、16時に終了。その間、まったく外出とかは認められません。

なんだか、心療内科なんていう耳障りのいい病院じゃなくて、昔ながらの精神科に通っている感がまんまんです。

いろんな方がいらっしゃいました。結構、若い方が多いです。20代前半の方が。

みなさん病んでらっしゃるのね。。。

ほんで、最初に習ったのは、「うつ」の方に特徴的な思考パターン。

① 根拠のない決め付け(根拠のない思いつきを信じ込む)

② 部分的焦点付け(悪いことばかりに注目してしまう)

③ 白黒思考(正解か間違いか、成功か失敗か、良いか悪いかの二者択一しか考えられない)

④ 極端な一般化(一度だけ起こったことで、将来を悩む)

⑤ べき思考(こうあるべきだと、自分や他人に厳しいルールを課す)


だそうです。

わたくしに当てはめてみると、③と⑤の傾向が強くて、④も多少あります。

認知行動療法は、ストレスの高い状況になったときに発生する、瞬間的な思考と気分、身体反応、行動のうち、

訓練で治すことのできる「瞬間的な思考」と「行動」を変えて、ストレスをうまく避けようちゅうものらしいです。

なかなか、ストレスのときの「気分」と「身体反応」は、自分で意識しても変えられないんだそうです。

さてさて、これからどうなりますか。。

宿題もでているので、気張ってやっていこうと思っております!
[PR]
2008年 10月 25日 |
先週、いまの上司との仕事に限界がきたら会社を辞めると部長に伝えたお話はしました。

今週、動きがありました。また、部長と話しをしたわけですが、その問題の上司にも当然言い分があるようです。

部長は、いいました。

「あいつは、『TAMAkenがそんな状態で、オレはどうしたらいいんですか?TAMAkenがそんな状態なら、オレは、もう彼とは一緒に仕事ができないですね。』と言っている。」

わたしからしたら、「逆ギレしよった。」くらいにしか思わないんですが、部長も余計に困っているようです。

部長は、わたくしの上司に「どうしたらいいって、君はいままでと同じでいいよ。」といったそうです。

ここまできたら、部長と上司のやりとりはどっちだって良いのですが、部長は、この上司の過去の部下(つまり、わたくしの同僚)の状況を知りたいらしく、いろいろと聞いてきました。

いまから過去3年で、うつ病になった先輩が1名、辞めた先輩が2名、その上司と仕事をしない約束をとりつけた同僚1名がいることを話しました。

次の日(昨日です)、わたくしを、いまの上司から隔離することが会社の方針で決まりました。

ただ、公の理由は、TAMAkenのうつ病がまったく改善せず、上司を怖がってしまって仕事ができないから。。とするそうです。

なんだかよくわからないうちに、ホイホイホイと話しが進んでいるようです。

上司のパワーハラスメントが公にならないで、わたしの責任でそうなるから、会社からの評価が下がるのと、風当たりが強くなるかもしれない。と部長に言われました。

なんだかよくわからないですが、暫定的にわたくしと上司の席をまずは離して、会社の方針(東京の別部署に転籍か、大阪に転勤)が決まったら異動とのことです。

よかったのかな????あんまり深く考えないようにしようと思っています。




今日は、病院だったので、お医者にこのことを説明しました。

まず、上司からの隔離は、うつ病の治療上正解のひとつだそうです。

で、この躁病の傾向のある上司とまったく関わりを持たないのは無理なので、いまから認知行動療法というのを3ヶ月やることになりました。

この3ヶ月やる認知行動療法が終了したら、具体に異動するように会社と産業医にいいなさいとのことでした。

会社がその認知行動療法の時間(平日に実施だそうな)をくれないなら、会社を休むいいほうほうがあるからね!とお医者は笑ってやりました。

なんか、「耐えられなくなったら辞める」いったことから始まった一連の動きが今週急に加速しましたです。

ま、なるようにしかならないので、流れに身を任せて、やってみようと思っています。

うんうん、きょうも病院の看護師さん、べっぴんさんやったなぁ。(笑)

子供を病院に連れて行っているのですが、病院のスタッフさんの人気者になってます。

いろんな意味で、とぉちゃん嬉しいで!!
[PR]
2008年 09月 10日 |
ファントム ヴァイブレーション シンドローム

なるものがあるんだそうです。

携帯電話がブルブルしていないのに、携帯電話が着信してブルブルしていると錯覚してしまうんだそうです。

なんと、わたくしよくあります。

ま、釣りに行っているときでも、仕事の電話がひっきりなしにかかってまいりますから、

ブルブルと錯覚することより、携帯電話が鳴っていなかったことに安心しているわけですが。。。
[PR]
2008年 06月 30日 |
きょうは、月曜日。

楽しい週末から、厳しい現実の世界に降り立つ日です。

そんな月曜の晩は、休日と現実のズレたぶんだけ、体が「イヤイヤ!」をいいます。

まるで、針掛かりした魚の気分です(苦笑

そのズレは、頭痛となって、わたくしのからだに襲ってまいります。

b0142354_054158.jpg


そんなときに飲むお薬が、これ↑。

絶版セデスです。仲間内では、通称「麻薬」って呼んでます(笑

この薬、恐ろしく効きます。飲んだそばから、頭痛が消えていきます。消えるどころか、なんだかスカッとします。

あまりに効きすぎるので、いまのセデスは、薬効を落としているんだそうです。

なぜ、麻薬かおわかりですね。

頭痛になると、これに頼りっきりになってしまいます。

「セッ。。セデス。セデスッ。セデスはどこや」と痛みに耐え切れず欲してしまいます。

しかし、これ、もう絶版なんですよね。。。

もう、どこにも売ってない。。自宅のストックもなくなりかけてきてます。

「病は気から!」とこらえしょうをつけるしかなさそうです。
[PR]
2008年 06月 23日 |
b0142354_11582924.jpg


わたくし、以前、国会議事堂がみえるところに出向しておりました。

「みのもんた」さんがよく『ほっとけない!!』とおっしゃっている某公益法人(通称:天下り先)です。

「こんなところ必要ない!」

世論というストレスにさらされた職員さんからのご指導と、

お客様と職員さんの板ばさみ、その他もろもろがあって、

めでたく、「ウツ病」になってしまいました。

もう、かれこれ2年近く、月一の病院通いです。

もうだいぶ慣れたもので、普通に生活してるし、見た目は全くわかりません。(と思います。。)

そんでも、気分にそれはそれは大きな波がございまして、見た目に全くわからないのも手伝って、シンドイこともしばしばです。

ほんでもって、今日は休業です。

なんや、あれですね。人一倍負けん気だけは強くて、頑固で、会社の上司からは「生意気だな!」て言われても平気だった、わたくしも「こころの病」になるんですな。

しかしです。悪いことばかりではありません。

月一の通院が楽しみでしかたないんです。

それはなぜかと申しますと、病院にかなりべっぴんさんな看護師さんがいらっしゃるのです!!他の看護師さんも、それはそれはいい方ばかりです。

足しげく通って仲良しになりたいところですが、月一以上の回数で通えないので我慢です。

辛いこともあります。

まず、生命保険とか、保険関係にはいれない。(治ったらはいれるかも。)

狩猟をやってみたいのですが、銃の所持を許可されない。(んちゃうやろか?)

なってみてわかったのは「病は気から」でございます。(意味がちがう。。。)

きょうは、頭痛とひどい吐き気に襲われております。

が、しかし、わたくしの生きている証として、ハンドメイドミノーつくりは、

なんとしてもやりたいとおもっております。(おおげさですね。。。)


ま、家族を不幸にだけはできないので、しっかり今日は、養生します。

わが妻も今朝、出勤前に「あんじょうしいや!」といって出発しました。

それでは、みなさん、またこんど!!

追記:
ここでの「うつ病」は、発病してから約2年弱経ったわたしの場合のうつ病です。重篤なうつ病で悩んでおられる方を誹謗中傷するものではありません。私自身、発病当初、頭の中を占める気持ちは、「消えたい。とか、死にたい。」でした。やっと、自身の状況を笑い飛ばせるようになって、書いています。一部、不適当な表現があるかもしれません。お気になさらぬようお願いいたします。

[PR]