太郎坊日記

tarobow.exblog.jp
淡海のナマズのひとりごと。。。
by tarobowgoo
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
  Top
カテゴリ:帰省してました( 9 )
|
|
2011年 06月 21日 |
b0142354_1319599.jpg


  土曜日の午後から
  
  かなりひさびさに

  実家へ帰っておりました。

  実家に帰るとすることが、

  釣具さがし

  実家のいたるところに眠っている

  釣具を探すんです。

  今回は(というよりもうそろそろ)、

  ネタが尽きてきて

  めぼしい釣具が見つかりませんでした。

  そのかわり

  童夢

  81年の作品だったけか

  もっているやつは

  86年の増版のやつ

  かなり久々に読みました。
  
  年食うと(といってもまだまだ若造ですが)

  見方が変わるっていうけども

  あんまり変わっていない気もする。。。(汗

  認知症と能力

  あんまり

  わかったふりして

  アレコレ書くと

  底が浅いのがバレるので

  読んでて楽しかったとだけ

  いっときます。
[PR]
2009年 04月 27日 |
週末は、娘を親にみせるため名古屋の実家に帰っておりました。

いろいろと釣具店をまわり、なじみの人とあいいろいろ話をしました。

そのなかで、やっぱり話題になったのは、やはり「相羽純一さん」のことです。

わたくし、exciteのプロフィールに書いていますが、実家が名古屋とはいっても

桶狭間というところにあります。

相羽さんの実家は豊明で、ご近所なんです。

釣りをしていた時期も一緒、釣りをしていた環境も一緒。

2歳しか年齢が違わないのに、地元のFishOnという雑誌に記事を書き出して

バスプロになってと、勝手に親近感をもっておりました。

地元の釣り馴染みと話をしていても、その話題が必ずでて、

過去に加藤というバスプロのやった話も蒸し返したりと、なんだか暗いかんじでした。

いまは、わたくし、ほぼサーフェスウォーターの釣りしかしないのですが、馴染みの人たちは

オールラウンダー。わたくしより衝撃が大きかったようです。

同年代の彼が、なんらかの形で再起して、ぜひ自分の力でバス釣り業界に再度貢献してほしいです。

しかしまあ、除名とかはいいとして、過去の賞金を返還とかいう話がでておりますが、そこまでする必要はあるんでしょうか。

人間、一度くらいはバックレたくなるときはあるんじゃないかなぁ。

こんなとき、ブログリンクしていただいているBLACKさんの言葉を思い出します。

いちど自分のMy Home に帰って、心と体を落ち着けたらどうかなと思います。

ほら、故郷って、そういうのを全部飲み込んでくれるから。

甘いかな。。。
[PR]
2008年 11月 03日 |
名古屋に帰って野池で釣りをしたわけですが、結構ショックなことが多かったです。

池の半分を埋め立てられてグランドや公園になっちゃった池。

たしかに農業用のため池なので、受益になっている田んぼがなくなれば、灌漑用の機能は必要なくなるわけで、埋め立てて他の利用をするのは間違っちゃいないんですが。。。なんともさみしいですな。

噴水をつけられちゃった池。

ご近所から「臭い」やらなんやらいわれるのかな?ばっ気して、噴水つけて、水質改善をしている池がありました。しかし、噴水てのは不自然ですな。


名古屋に帰って、久々にであった人もいました。

保育園の同級生に、27年ぶりに会いました。

そいつは、坊さんをやっていて、法事にお経をあげにきたのです。

久々に話をしたら、そいつもわたくしとおんなしで、2歳の子供のオヤジになっていました。

知らない間に、気づかない間に、月日っちゅうのは経ってしまうものなんですね。
[PR]
2008年 11月 03日 |
この3連休は、名古屋で法事があったので、ひさしぶりに帰省いたしました。

妻はつわりで寝込んでいるので。娘と二人で新幹線に乗って帰省です。

娘をわたくしの両親に預けて、まんまと釣りにいく算段だったのですが、

b0142354_2203028.jpg


濁池という池や

b0142354_221438.jpg


松池という実家の近所を狙うも、うんともすんとも言わずでした。

しかも、わたくしの親に娘を預けて釣りをする予定が、「ついていく~」と大泣きされ、

娘がついてきちゃったのです。。。(まあ、釣れなかった言い訳ですが。。。)

今回は釣れなかったけど、ああでもない、こうでもないと悩む野池の釣りは、釣れなくても非常に楽しく正しいですね。
[PR]
2008年 09月 15日 |
b0142354_21471947.jpg


今年の稲刈りは、行けませんでした。。。。

出発の当日晩にお客さんから電話が掛かってまいりまして、「今日中に完成させて欲しい」とおっしゃったんです。。。どこかの先生対応なんですと。

背負っているものがありますからね、そら、がんばりますよ。とぉちゃんは!

滋賀県での稲刈り手伝い。

フライで釣り。

信長の居城、安土城を見に行く。

親しい連れにあう。

またこんどのお楽しみでございます。

先生さまがバタバタと動き出しているのは、やはりもうすぐあるんでしょうか。

まったく、「わたしの力で。。うんぬん」なんて言われたらいい迷惑ですわ。

そんなんに使われるから、この業界が勘違いされんねん。

ちなみに、このエントリーの画像は昨年のもので、運転してるのわたくしです。。。。

このあと、30kg米袋に乾燥した米を詰める重労働がまっております。
[PR]
2008年 09月 07日 |
b0142354_225246.jpg

きょうは滋賀県は草津市で結婚披露宴がありました。

平成6年からの友人で、いまは病院で作業療法士をやっているやつです。

ある日突然、「おれ、結婚するわぁ」と結婚の連絡があり、そのとき、友人代表のスピーチを頼まれました。

で、今日の今日までいつしゃべるのか聞かされておりませんでした。

普段は、おしゃべり土木屋で通っているわたくしですが、さすがに親友の披露宴でこけることはできません。緊張しまくりです(汗

順番は、なんと披露宴の終盤、キャンドルサービスの終ったあとでした。

さすがわ関西人のかたまり、披露宴開始の祝辞から笑いがとれています。

もうそれこそ、しゃべりの猛者どもが、どんどんとネタをくりひろげていくんであります。

新郎みずからも笑いをとりにいっております。。。

どんどんわたくしのしゃべるネタや笑いどころのストライクゾーンが狭くなってくるのがびしびしと伝わってまいります。冷や汗ダーダーです。

宴が進むたびに話すことの差し替えの連続です。もう自分の少ない引き出しを引っくり返して頭の中はもうグルグルです。(笑

おかげさまで、ビールを何ぼ飲んでも酔いません(苦笑

ま、なんとかおしゃべりをしてまいりました。

うーん。55~60点かな。点数甘いかな(汗

もう、ほんまに疲れたよ。。。
b0142354_22144434.jpg

[PR]
2008年 08月 15日 |
今年は、13日から15日まで、盆休みの予定でした。

で、その予定にあわせて、実家の名古屋に12日の晩から帰っていたのです。

ほしたら、14日の朝にお客さんからのお電話が。。。。

15日の早朝5時に埼玉に帰ってまいりました。

で、今は会社でお仕事です。

ま、墓参りは済ましたしヨシとしますか。

ね、殺生は、お盆くらいお休みにしないと。。。
[PR]
2008年 06月 24日 |
昨日のエントリーをみていただいた皆様。

コメントに励ましの言葉をいただきまして、ありがとうございます。

昨日の気分で書いてしまっているので、今日になると「しまったな」と思う部分も
ありますが、非常に嬉しく感謝しております。


で、今日のエントリーです。

b0142354_12265645.jpg


わたくし、産まれは、東海道鳴海宿の近く、桶狭間なんですが(要するに愛知県人です)、非常に滋賀県に思い入れがあります。

わたくしの母方は、滋賀県の伊香立が故郷ですので、つながりがないわけでもないです。

遠くに鈴鹿山脈が見え、大中・小中の干拓地も含めて水田のひろがる東近江の地がすきです。

滋賀に住んでいた頃から、しゃべりもいつのまにやら名古屋弁が抜け、滋賀弁風標準語(滋賀の知り合いはそういいます)になってしまっております。

といいつつ、タイトルにある好きな風景は、姉川河口のこの写真。

琵琶湖の水辺にたつと、こころが落ち着きます。波の音はここちよいです。

この写真、いぜんこのブログに登場したK桐さんが送ってくれやりました。(ありがとうございます)

この写真、写真としてはとっても風情があってよいのですが、釣りとなると状況がかわります。

沖に見える、バスボート、フローター(フローターは湖岸流に流されたらどうすんねやろ)、そして、鯉師の”センサー付”竿の数々。。。 各種つりの激戦区です。

沖に姉川の底とつながるブレイクラインが岸と並行してありまして、その昔バス釣りをしていた

ころは、ウエダーではいれるだけ入って、そのブレイクラインを狙っていました。

最近バスつりは、トップしかいたさないヘンコになっておりまして、琵琶湖本湖でバス釣りはしておりません。

次、滋賀に帰るときには、渓流眺めに、愛知川上流だったり、野洲川上流に釣りにいこうとおもっております。
[PR]
2008年 06月 08日 |
週末に、滋賀県へ帰省していました。

前回帰省したのは、ちょうど一年前です。

太郎坊は何も変わっていませんでした。

5月30日の晩23:30に家をでて、

東名高速を走ること500km。あくる日の

9:30に到着しました。

まいど、まいど、運転なんかもういやだ!

と思うのですが、なぜか続けております。

この写真に写っているのが、太郎坊宮です。
b0142354_16402673.jpg

[PR]