太郎坊日記

tarobow.exblog.jp
淡海のナマズのひとりごと。。。
by tarobowgoo
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
  Top
カテゴリ:家族仲良く( 64 )
|
|
2013年 11月 06日 |
b0142354_02189.jpg



  ひさびさにフライを巻きました。


  小学一年生の娘とです。


  かなり久しぶりに巻くと、なにがなんだか思うようにいきません。


  
b0142354_0221156.jpg



b0142354_0222860.jpg



  チヌ針にこんなのを巻きました。


  忘れないうちに、また巻こう
[PR]
2013年 08月 15日 |
b0142354_1803797.jpg


  セミの脱皮を20年ぶりくらいにみました。

  ぃゃぁ

  やっぱりきれいです。

  6年幼虫で

  脱皮したかとおもうと、


  1週間の命


  それがこの瞬間から1週間
[PR]
2013年 07月 10日 |
b0142354_0575382.jpg



  梅雨があけました。


  梅雨明け前の6月に


  今年初の花火をしました。


  気持ちはやくても、結構見とれてしまいますね。
[PR]
2013年 03月 20日 |
b0142354_0385390.jpg



  このあいだ、琵琶湖汽船に乗りました。


  これ、子供が撮影したものです。


  いろいろと好き勝手にさせるのも


  すごくいいことだと思えるようになってきました。


  子供の目線


  すごくのびのびしてうらやましいです。
[PR]
2013年 01月 31日 |
b0142354_0524469.jpg



  冬になると、魚とりをします。


  今の時期は、一か所に集まって、活性が低いので、非常に捕まえやすいです。


  3歳になる息子といくのですが、


  当然、「おとうさん、つぎはボクの番」「やらせて」


  となります。


  活性は低いのですが、外すと、さすがの魚も半日くらいシビアになります。


  外すのが惜しい父親は、なかなか息子に変わってあげられません。


  非常に大人げないです。


  でも、やっぱり、この楽しみは知ってほしいので、次、いけそうな時は、息子に譲ってあげようと思います。


  できんねやろか。
[PR]
2011年 12月 13日 |
b0142354_0331024.jpg


  この週末は釣りに行かず


  岡本太郎展にいってきた。


  この催しのいいところは


  会場で絵を描いたり、スケッチしてもよいところ


  さっそく子供たちは


  座ることを拒否する椅子


  の前で、絵を描いていた。


  何かにとらわれることなく、描けるってうらやましい
[PR]
2011年 12月 05日 |
b0142354_053233.jpg


  4日は、娘のお稚児さんがありました。

  近所の神事に参加したんですが

  結界内から神事をみると

  神事と言うのはよくできていて

  すごく畏怖の念が湧いてきます。

  ご神煙が渦巻いて天に昇っていく様

  煙の中に火の粉が舞っている様は

  まるで竜でした。
[PR]
2011年 11月 28日 |
b0142354_21571763.jpg


  マイコプラズマ肺炎にかかっていた2歳の息子がやっと退院しました。

  
  お父さんは、釣りどころか、仕事どころじゃなかったです。


  埼玉にいたときの娘の悪夢を思い出してしまいました。


  で


  退院した息子にいただいた退院祝いは


  ご多分にもれず、仮面ライダーフォーゼ


  ベースステイツと呼ばれる白色のヤツもあって

  
  合計3体なのですが、


  肝心の白は、息子が握りしめたまま寝ているので撮影できず。。。


  これ、塗り忘れがあるんです。


  2体とも同じような部分が塗り忘れ

 
  検品はめくらなようです。。


  小さなお友達だけでなく、大きなお友達も相手にしだしてる


  仮面ライダー


  40周年ということでテーマは宇宙だそうです。


  ぼくからしたら、口をあんぐりと開けて空を見上げるより


  もっと身近で不思議な空間があるじゃないかって思います。


  そう、水の中


  人は、水無しでは生きられない

 
  人は、水の中では生きられない


  なんとも不思議な水の中


  水面という絶対的な境界で隔てられてる


  ものすごく想像力の働く魅力的な世界だとおもうんだけど。。
[PR]
2011年 10月 26日 |
  この週末、ハウジングメーカーのイベントに親子で行ってきた


  材に釘をうって、いすをつくって、ペンキで色を塗る


  ただそれだけなのに、子供は恐ろしく嬉しそうにやっている

  
  うまくつくろうなんてまったく思っちゃいない


  ただただ、自分の心に素直に、内側からでてくるものをそのまま表現してる


  黄色いペンキを顔と髪につけ、思うままに色を塗っている


  なんで大きくなるにつれて、思うままにできないんだろう

  
  たぶん


  うまくつくらなきゃ

  
  て意識が邪魔してるんじゃないかて思う


  だれも、ボクがつくるものなんかに興味もないし、うまかろうがヘタだろうが気にしないのに


  ペンキを準備してくれた職人さん


  ものすごく楽しそうにやってるな


  て言ってはった


  ボクもそう言われてみたい


  できないのは、自意識過剰なせいなんやろう


  うらやましい
[PR]
2011年 10月 03日 |
b0142354_22273284.jpg


   30日の金曜日は、会社の歓迎会

   1日の土曜日は、子供の通う保育園の運動会

   夜中の1時ころ

   ベロベロになって帰宅してしまって

   運動会がなかったら、確実に家に入れてもらえなくなるところでした。。

   1日は、朝早くから、運動会の準備

   目が充血してるので、目薬をしこたま打って

   あまりしゃべらず黙々とお手伝いしました。


   肝心の運動会は、

   ちゃんと親子競技にも参加して

   クマちゃんのお面を親子でかぶって

   先生に「意外とカワイイ」と言われ

   無事 終了しました!


   りっぱな父親じゃなくていいんやけど

   どんなお父さんが理想なんやろう
[PR]